自慢じゃないけど土曜の夜は〜ネテネーゼ♪ネテネーゼ♪

ってことで、昨日中に更新できませんでした。
f(^_^;



日曜日もみらい研でした!

vol.1で言ったとおり、僕はみらい研で、

「ヘキサフレキサゴン」というものを紹介しました!

ヘキサフレキサゴン(hexaflexagon)は、

hexagon(ヘキサゴン:六角形)にflexible(フレキシブル:曲がりやすい)

をくっつけてできた言葉です。

簡単に言えば、いろんな面が出てくる不思議な六角形ってことです。

とりあえず、これをよ〜く見てください!(by YouTube)


どうですか!?
(⌒▽⌒)

最初、水色黄色だったのに

途中からピンク出てきて、

気づけばも出てきて、

も出てきましたよね!?

これが「ヘキサフレキサゴン」です!

さっきのは6面出てきましたが、一番簡単なものは、3面出てきます。

実は、作ろうと思えば10面でも20面でも100面でも作ることが出来ます!
( ̄▽ ̄)/

しかも、1枚の繋がった紙で出来ます!
(^▽^)

ちなみに、僕は最高12面作りました。

友達は23面を作ったらしいですが、実際に23面出てくるのか

確認できずに終わりました。

数が大きくなるほど、面を探すのにたいへんな時間がかかるし、

めくりにくくなるんです。

「n面出てくるヘキサフレキサゴンを作ることができる.」

というのを数学的に証明した人がいるらしいですが、

僕はそんなの解りません!
(−д−;
)

これが思ったよりも大人気でした!

係の人に、「地味に人気なのはココだけだよ。」

って言われたくらいです(笑)。

では。■